本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

脚をやせるには?部分やせはできない!?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は脚やせについてです。
女性はホルモンの関係上もともと下半身に脂肪がつきやすいです。
ホルモンの関係上とは言え脚をやせたいと思っている方は多いかと思いますが、どうすれば脚をやせることができるのでしょうか。

脚を気にする女性



女性はホルモンの関係上、下半身に脂肪がつきやすい

太ももなど脚をやせたいと思っている女性は多いかと思います。
女性は男性に比べてお尻や太もものなど下半身に脂肪がつきやすい傾向にあります。
下半身に脂肪がつきやすいのは女性ホルモンが関係しているからです。
生物学的にお尻や太ももなど下半身に脂肪があるほうが女性らしい身体になります。
また、女性は男性に比べて全体的にも脂肪がつきやすいです。
女性にとって体脂肪は、女性らしい身体を作るのに必要と言うことです。
生物学的に見てもやせていればキレイで良いと言うわけではありません。
適度に脂肪がついていたほうが女性らしい魅力的な身体と言えます。
やせていればキレイと言う風潮がありますが、ただやせれば良いという考えを改める必要もあるのではないでしょうか。

部分やせはできない!?気になる部位がやせるまで根気強く行う

部分やせをしたいと思っている方は多いと思いますが基本的に部分やせはできません。
運動量の少ない部位に脂肪はつきやすい傾向にありますが、脚を動かせば脚の脂肪が取れるわけではありません。
基本的には全身の脂肪を使っています。
皮下脂肪と内臓脂肪とでは内臓脂肪の方が落ちやすいです。
脂肪は落ちる順番が決まっているので気になる部位がやせるまで継続をするしかありません。
皮下脂肪よりも内臓脂肪が多いと、まずはそこから脂肪が落ちてそれから皮下脂肪が落ち始めます。
脚につく脂肪は皮下脂肪ですので落とすのは難しいかもしれません。
また、遺伝的要因も無視はできません。
遺伝的に脚が太くなりやすいのであれば、相当困難かと思われます。
気になる部位をマッサージしてから運動をすると部分やせができやすいとされているようですが、実際はよくわかりません。部分やせしやすくなると言っても微々たるものであまり意味がないとも思います。
ただ体温が高い状態であれば、脂肪を燃焼させるリパーゼが活性化しやせやすくなるかもしれません。

代謝を良くして体脂肪が燃焼しやすい身体を作ることが大切
下半身、背中、胸などの大きい筋肉を鍛えると良い

部分やせはできませんので気になる部位がやせるまで根気強く継続をさせる必要があります。
体脂肪を効率よく燃焼させるには、大きい筋肉を鍛えて代謝を良くすることです。
筋肉はエネルギーを燃やす焼却炉のようなものです。
筋肉量が多いと同じ運動をしてもより多くのエネルギーを消費し脂肪も燃焼しやすくなります。
骨格筋のほとんどが下半身に集中しています。下半身の筋肉を鍛えることが効率よく代謝を高めてくれます。
また、脚以外にも背中や胸の筋肉も大きい筋肉になるのでこれらも一緒に鍛えてあげるとより良いです。

筋肉

高強度の運動は内分泌系を刺激して脂肪燃焼を促進させる

筋力トレーニングや乳酸が出て疲労困憊になるような高強度の運動は、成長ホルモンやアドレナリンなどの内分泌系に刺激を与えます。
高強度の運動は、運動後の代謝が促進されます。この状態は脂肪が燃焼しやすい状態です。
運動後の代謝促進は、EPOC(運動後過剰酸素消費量)と言いますが、高強度の運動であればより高くなるとされています。一般的にEPOCは有酸素運動よりも筋力トレーニングの方が高くなります。
より高強度でハードな運動をすれば、運動後の代謝がより促進されて脂肪が燃焼されやすい状態になります。

筋肉があると引き締まる、筋肉をつけて引き締まった脚にしよう

たるんでいるかどうか見た目は筋肉量と関係があります。
筋肉が少ないとたるんで見えて、筋肉があると引き締まって見えます。
同じ脂肪量でも筋肉量が多いと引き締まって見えるので見た目が良くなります。
女性が脚をやせるのは、かなり困難と考えられますが、適度に筋肉をつけることで見た目は断然良くできるはずです。脚が気になるのであれば、脚の筋肉を適度につけることが大切かと思います。
女性は筋肉をつけるのも大変ですので筋肉がつき過ぎて困ると言うことは基本的にありません。
筋肉は適度につけることがポイントです。

スクワット江尾する女性

部分やせの考え方は、大筋群+気になる部位の筋トレ

部分やせはできませんが気になる部位の対処法としては、大筋群のトレーニングと気になる部位のトレーニングです。
大筋群のトレーニングは、代謝を良くして脂肪が燃えやすい身体を作る為にします。
気になる部位のトレーニングは、部分やせではなく見た目を引き締める為にします。
筋肉は適度についているほうが、身体が引き締まって見えます。
筋肉は適度につけることが大事と言えます。
そして、気になる部位がやせてくるまで継続をさせることです。
有酸素運動については、正しく行えば消費カロリーを増やして運動中に脂肪を燃焼させてくれます。
有酸素運動も行えるのであれば、行ったほうが良いですが必ずやらなければいけないわけでもありません。
もし有酸素運動を行うのであれば、筋力トレーニングを終えた後にすると効果的です。
同じ日でなくても別の日に行っても構いませんし時間のある日だけ行っても構いません。
あとは、食事の管理も大切なので食事にも気を付けましょう。
部分やせは、大筋群と気になる部位のトレーニングをすることが基本的な考え方となります。



更新日:2020年(令和2年)7月3日


関連記事

鏡を見る引き締まったウエスト女性

ダイエットに良い食事とは?バランスが整った食事で自然にやせれるかも

ダイエットは簡単に言えば食べる量を減らすことですが、まるっきり食べないとか、何か特定の物を食べるとかではありません。このような方法では一時的にやせることは可能ですが、リバウンドや健康を害してしまうのでダイエット成功とは言えません。

引き締まった女性の身体

糖質制限は即効性があるがリバウンドしやすい

今でも根強い人気があるかと思いますが、効果が早い代わりにリバウンド率がとても高い方法でもあるのです。早く結果の出る方法は必ずと言っていいほどリバウンドをしてしまいます。

フルーツの盛り合わせ

フルーツの食べ過ぎは肥満を招く

フルーツには、ビタミンやカロテン、ポリフェノール、食物繊維などが含まれていますが、フルーツは太りやすいので食べ過ぎてしまうと肥満の原因にもなります

メジャーでお腹回りを測る女性

夜食が太りやすいのはBMAL1が関係している

夜に食べると太りやすいと言うのは誰もが知っていると思いますが、なぜ太りやすいのでしょうか。その理由は、いくつか考えられます。

レストランで食事をする女性

ダイエットの停滞期には食事量を増やしてみると良い

ダイエット中は摂取カロリーを抑える必要があるので食べる量を減らすことが必要です。
摂取カロリーを抑えれば体重は落ちていきます。ですが、摂取カロリーを抑えた食事を続けていると途中で体重が落ちにくくなります。この時はあえて食事量を増やすと良かったりもします。



カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録

⇒ 健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加