本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

プロテインダイエットは嘘!?プロテインではやせない!

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
世間的にプロテインは、身体に良いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
プロテインダイエットと言う言葉がありダイエットにも良いとされているようですが、プロテイン自体にダイエット効果はありませんし反対にプロテインで太ることもあります。



プロテインとはタンパク質のこと

プロテインとは、タンパク質のことです。タンパク質を英語で言うとprotein(プロテイン)です。
タンパク質は、三大栄養素の一つで身体の構成成分になったりエネルギーとして利用されたりします。
私たちの身体は、タンパク質で構成されています。
皮膚や髪の毛、筋肉、爪、臓器などありとあらゆる物がタンパク質でできています。
タンパク質は体内で合成することができないので毎日しっかりと補う必要があります。

プロテインにダイエット効果はない!?

プロテインを飲む女性

プロテイン自体にダイエット効果はありません。
プロテインをたくさん摂ったからと言ってやせるわけではありません。
やせるどことか太ってしまうこともあります。
タンパク質はエネルギー源としても利用されます。
なので必要以上に過剰に摂り過ぎてしまうと体脂肪として蓄えられます。
プロテインにダイエット効果は期待できません。

プロテインがダイエットに良いと言われる理由は?

プロテインにダイエット効果はないのになぜダイエットに良いと言われているのでしょうか。
その理由は

・筋肉の材料となる
・食事誘発性熱生産が高い
・体脂肪になりにくい

ことかと思います。

筋肉の材料になる


筋肉質な身体

筋肉をつけるにはタンパク質を十分に摂取することが大事です。
筋力トレーニングをしている人は、プロテインを飲んでいる人も多いかと思います。
高タンパク質食品は、脂質も多くなりやすいので高カロリーになりやすいです。
食事でタンパク質を摂取しようとすると余分な脂質まで摂ってしまうのでタンパク質だけを摂取する場合は、プロテインはとても効率が良いと言えます。
筋肉は脂肪を燃やす焼却炉ですので筋肉がしっかりとあるとエネルギー代謝が良くなり体脂肪を燃えやすくなると考えられます。
このことからプロテインをしっかりと摂ると筋肉が作られてダイエットに繋がると言うことかと思います。
ですが、タンパク質をただ摂れば筋肉が合成されるわけではありません。
体内のタンパク質合成量は上限が決まっていますので必要以上にタンパク質を摂っても無駄になってしまいます。
また、筋力トレーニングのような筋肉にしっかりと刺激が行く運動をしなければ意味がありません。
プロテインはしっかりと運動をした上で摂ることが前提です。

食事誘発性熱生産が高い

食事誘発性熱生産とは、食事をした際に消費されるエネルギーのことです。
食事をして食べ物を消化する際にもエネルギーを必要とします。
食事をして体温が上昇するかと思いますが、これはエネルギーを消費し熱になっているからです。
エネルギーになるのは三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質です。
この中で食事誘発性熱生産が一番高いのがタンパク質になります。
タンパク質の次に高いのが糖質で一番低いのが脂質です。
タンパク質と糖質では、g単位のカロリーは同じですが、タンパク質の方が食事誘発性熱生産が高いので同じカロリーを摂取るならタンパク質の方が太りにくくなります。
脂質は、g単位のカロリーがタンパク質と糖質と比べて2倍以上あります。
そして、食事誘発性熱生産が低いので脂質は太りやすいと言えます。
タンパク質は、糖質や脂質よりも太りにくい栄養素です。
あくまで太りにくいだけでやせるわけではありません。

体脂肪になりにくい


お腹の肉をつまむ女性

タンパク質はエネルギーとして利用もされますが、主に身体の構成成分として利用されます。
優先的に身体の構成成分として利用されますので、エネルギーとしては利用されにくいとも言えます。
タンパク質は、太らないと思っている人もいるかもしれませんが、タンパク質もエネルギー源になります。
エネルギーが過剰になれば、タンパク質だろうと体脂肪として蓄えられます。
糖質や脂質と比べて太りにくいと言えますが、太らないわけではありません。
過剰なタンパク質は、体脂肪に変えられて体内に蓄えられます。
また、タンパク質は量ではなく質が大事です。
質が悪いタンパク質は、エネルギーとして利用されやすくなります。


これらの理由でプロテインはダイエットに良いと言われているかと思いますが、あくまで太りにくいだけで太らないわけではありません。
プロテインを飲んでもやせるわけではありません。
特に運動をしているわけでもないのであれば、プロテインを飲む必要もありません。
食事に気を付ければタンパク質は、基本的に食事で補うことができます。

1食をプロテインに置き換えると太りやすくなる

体重をきにする女性

プロテインダイエットでは、1食をプロテインに置き換えるような方法を取るかと思います。
これはただの置き換えダイエットなのでプロテインでなくてもやせることができます。
太るかやせるかは、カロリー収支によります。
カロリーが少ない食べ物なら何でも良いのですが、1食を置き換えることで摂取カロリーが必然的に減ります。
摂取カロリーが減るのでやせるのは当たり前なのです。
この方法でやせることはできますが置き換えダイエットは、太りやすくなるのでおススメはしませんしやらない方がいいでしょう。
栄養素はバランスが大事です。
プロテインだけでは、バランスが悪くなり代謝の低下を招きます。
筋肉は、十分な糖質がなければ分解されてしまいます。
代謝を円滑にするにはビタミンやミネラルなどその他の栄養素も必要です。
代謝を円滑にするには、過不足なく栄養素を摂取する必要があります。
ある食品だけを食べる方法は、栄養素バランスが悪くなってしまい健康を害してしまうリスクが高くなってしまいます。
糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を過不足なく摂取できるようにしましょう。
やせるにはバランス良く食べることを最優先に考える必要があります。



更新日:2020年(令和2年)7月10日


関連記事

脚を気にする女性

脚をやせるには?部分やせはできない!?

女性はホルモンの関係上もともと下半身に脂肪がつきやすいです。ホルモンの関係上とは言え脚をやせたいと思っている方は多いかと思いますが、どうすれば脚をやせることができるのでしょうか。

鏡を見る引き締まったウエスト女性

ダイエットに良い食事とは?バランスが整った食事で自然にやせれるかも

ダイエットは簡単に言えば食べる量を減らすことですが、まるっきり食べないとか、何か特定の物を食べるとかではありません。このような方法では一時的にやせることは可能ですが、リバウンドや健康を害してしまうのでダイエット成功とは言えません。

引き締まった女性の身体

糖質制限は即効性があるがリバウンドしやすい

今でも根強い人気があるかと思いますが、効果が早い代わりにリバウンド率がとても高い方法でもあるのです。早く結果の出る方法は必ずと言っていいほどリバウンドをしてしまいます。

フルーツの盛り合わせ

フルーツの食べ過ぎは肥満を招く

フルーツには、ビタミンやカロテン、ポリフェノール、食物繊維などが含まれていますが、フルーツは太りやすいので食べ過ぎてしまうと肥満の原因にもなります

メジャーでお腹回りを測る女性

夜食が太りやすいのはBMAL1が関係している

夜に食べると太りやすいと言うのは誰もが知っていると思いますが、なぜ太りやすいのでしょうか。その理由は、いくつか考えられます。



カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録

⇒ 健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加