本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

姿勢と健康

正しい姿勢ってどんな姿勢?

正しい姿勢とは、横から見た時に、耳、肩、腰(骨盤)、膝、くるぶしが、地面から垂直に、一直線上にある状態が良いと言われています。

良い姿勢女性

この状態は、背骨の自然なS字カーブが保たれていて、

骨盤は約30度前傾し身体に一番負担のかからない理想的な姿勢になります。

前かがみや反りすぎても身体に負担がかかってしまい肩こりや腰痛などの原因になってしまいます。

正しい姿勢で立つ為には、背筋や腹筋、などの身体の筋肉をバランスよく使うことが必要です。

普段の姿勢が悪い方は、左右前後の筋肉バランスを崩してしまっている状態です。

筋肉は、骨に付着しているので筋肉のバランスが崩れると骨格のバランスを崩してしまいます。

バランスが崩れた状態では、筋肉や関節に負担が増えて

肩こりや腰痛はもちろん様々な影響が身体に出てしまう可能性があります。


悪い姿勢が身体に及ぼす影響は?

悪い姿勢女性

肉体的悪影響

・呼吸が浅くなる・・・酸素不足⇒動悸、息切れ、息苦しさ、代謝機能の低下

・骨格への負担 ・・・動作の制限、背骨の歪み、骨の変形、椎間板ヘルニア、関節の異常

・筋肉への負担 ・・・こり、だるさ、張り、痛み

・神経への負担 ・・・感覚(知覚神経)、動作(運動神経)、内臓の異常(自律神経)


筋力低下、柔軟性の低下、代謝の低下、冷え、便秘、肥満、下半身太り、ぽっこりお腹

O 脚、X脚、頭痛、疲れやすい、肩こり、腰痛、膝痛、関節痛、四十肩、五十肩、ヘルニアなど

悪い姿勢は、筋肉や関節に負担のかかっている状態です。

何かしら身体の不調を感じている方は、普段悪い姿勢をしているのかもしれません。

精神的悪影響

身体の表情が脳の働きに影響する=身体性

・姿勢が悪いと後ろ向きな気持になりやすくネガティブ思考になりやすい

姿勢は、その人の精神状態にも強く影響すると言われています。

姿勢が良くなることでポジティブ思考になりやすくなり自分に自信を持つことにも繋がります。


普段の生活でこんなことをしている方は要注意


●パソコンを使うとき、前かがみになっている

●椅子や机の高さが合っていない気がする

●よく腕や脚を組む

●机の下に物がおいてあってまっすぐ座れない

●よく頬杖をつく

●長時間同じ姿勢でいる

●片脚に重心をかけて立つことが多い

●バッグや荷物をいつも同じ肩にかける、手に持つ

●歯の噛みあわせが合っていない

●眼鏡やコンタクトの度数が合っていない

●ハイヒールをよく履いている

●きつい下着や細いベルトで体をしめつけている

など


パソコンをする時に注意点

悪い姿勢でパソコンをしていると筋肉や関節への負担が大きくなり肩こりや腰痛、頭痛にも繋がります。

身体への負担を軽減する為にパソコン作業をする際には、以下のことに気をつけてみましょう。

●イスの高さ
 足の裏をしっかりと床に着け足首、膝、股関節が90度になるようにします。
 机に合わせると足が浮く場合、台などで調整します。

●キーボード、マウス、ノートの位置
 背中をまっすぐに伸ばして座ります。
 肩をリラックスさせ、腕は身体の横に垂らし、そこから肘を90度に曲げたところに
 キーボード、マウス、ノートが来るように調整します。

●モニターの位置
 背中をまっすぐにした状態で画面の最上部が目の高さになるように本や台を置いて調整します。

●その他
 イスが高すぎると太ももが圧迫されむくみなどの原因になります。
 腕が身体から離れれば離れるほど、肩、背中などへの負担が増えます。
 ノートパソコンは、目線が下になり背中が丸まりやすいので
 別にキーボードを購入して理想的な位置に調整するようにします。
              パソコン作業

理想的な姿勢だと身体への負担は軽減するので身体の不調改善に繋がります。

最初は姿勢を保つのがキツイと感じるかもしれません。

キツイと感じるのは普段使っていない筋肉を働かせているからです。

筋肉は使わないでいると、どんどん弱くなってしまうので普段から使って上げることが大切です。

続けることで筋肉が活性化し簡単に姿勢を保てるようになります。

正しい姿勢は健康への第一歩とも言えます。

普段から良い姿勢を保つようにしましょう。