本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

身体を柔らかくする方法を教えてください

ヨガのポーズをする女性


身体を柔らかくするには、ストレッチが効果的です。

ストレッチをすれば誰でも身体を柔らかくなります。

身体が硬くてストレッチが苦手と言う方がいますが、硬いからこそストレッチをします。

身体を柔らかくする為にストレッチをするので硬いからできないと言うことでは決してありません。

どんなに身体が硬い方でもストレッチを真剣に続けていれば必ず柔らかくなります。

ストレッチを1ヶ月を真剣にやってみましょう

身体を柔らかくしたい方は、とりあえず1ヶ月間は続けてみてください。

ストレッチは、毎日やると効果的です。

ですが、いきなり毎日やるのはなかなか難しいと思います。毎日が難しければ週に2~3回で構いません。。

週に2~3回程度でも十分に効果が期待できます。

一般的なストレッチはスタティックストレッチ

ストレッチにはいくつか種類がありますが

一般的なストレッチは、筋肉を伸ばした状態をキープするスタティックストレッチと言われるやり方です。

スタティックストレッチは、安全性が高く一番推奨されている方法です。

身体を柔らかくする効果ももちろん期待できますので一般的なスタティックストレッチを行いましょう。

その他に反動を使ったバリスティックストレッチと言うやり方もあります。

動的柔軟性向上に期待できるのですが、安全性に関しては高くはありません。

反動をつけて行うので筋肉や腱を痛めてしまう可能性があるので一般の方は控えた方が良いかと思います。

また、バリスティックストレッチは伸張反射により筋肉が硬くなってしまう可能性もあります。

伸張反射とは、筋肉が急激に伸ばされると防御反応として筋肉がこれ以上伸びないように縮こまろうとする反応です。

脚のストレッチをする女性

ストレッチ時間依存性に基づく

筋肉の効果は時間依存性に基づくとされています。

つまり時間をかけて行うほど効果が高くなるとされています。

身体を柔らかくしたい方は、スタティックストレッチで筋肉をゆっくりと伸ばしていき

伸びたなと感じる所で最低でも30秒程度はキープしてみましょう。

30秒と言う数字は、筋肉の伸張反射が起こりにくくなる時間とされています。

伸張反射が起こりにくくなるので30秒以上伸ばすとより筋肉が伸びやすくなります。

また、コラーゲン繊維、筋肉を覆っている筋膜まで伸ばすには90秒以上必要と言われています。

さらに効果を期待するのであれば90秒以上スタティックストレッチをしてみましょう。

ストレッチの効果は時間依存性に基づくとされているので時間は長い方が効果がより期待できると思います。

そして、ストレッチをするならお風呂上りがおススメです。

体温が高い方が筋肉は伸びやすくなるのでこのタイミングで行うとより効果的です。