本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

フルーツの食べ過ぎは肥満を招く

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
フルーツには、ビタミンやカロテン、ポリフェノール、食物繊維などが含まれています。
多くの方が身体に良いイメージを持っているのではないでしょうか。
中には身体に良いからと言ってたくさん食べている人もいるかと思いますが、フルーツは太りやすいので食べ過ぎてしまうと肥満の原因にもなります。

ウエストの肉をつまむ女性

フルーツに含まれる果糖は中性脂肪になりやすい

フルーツには、身体にとって良い栄養素が含まれているので食べるのはとても良いことです。
ですが、フルーツの食べ過ぎは肥満の原因になってしまうので注意も必要です。
フルーツには果糖が多く含まれています。
果糖は糖質の一種ですが、血糖値が上がりにくいと言う特徴があります。
血糖値が上がりにくいので糖尿病の人にも良いとされていますが、果糖は中性脂肪に変換されやすく体重が増えやすいです。
フルーツは、分かりやすく例えると野菜の砂糖漬けのような物です。
砂糖(ショ糖)は単糖類であるブドウ糖と果糖が結びついている糖質です。
砂糖には、果糖が含まれているので砂糖も太りやすいです。

フルーツ盛り合わせ

GI値はあまり関係がないのかも!?果糖は太りやすい

血糖値の上昇スピードを数値化した指標をGI値(グリセミック・インデックス)と言います。
肥満の予防には、血糖値の上昇を抑えた方が良いとされていますが果糖のGI値は低めです。
GI値は、同じ人でも食事の度にバラつきが出るとの報告もあるのであまり意味をなさないのかもしれませんが、
一般的にGI値が低い食品の方が太りにくいと言われています。
ブドウ糖と果糖を比べた場合、ブドウ糖の方が果糖よりもGI値が高く果糖の方が低いのですがブドウ糖よりも果糖は太りやすいです。
果糖は代謝のスピードが速く肝臓で代謝され中性脂肪に変換されます。
ブドウ糖よりも中性脂肪の合成を促すので太りやすい性質を持っています。

フルーツは1日200g程度を目安に ドライフルーツは果糖が多くなる

フルーツを食べ過ぎてしまうと肥満に繋がります。
ビタミン等の補給にフルーツを食べることは良いですが食べ過ぎには注意が必要です。
ではどのくらいを目安にすればいいのでしょうか。
何を食べたかフルーツの種類にもよりますが、1日200g程度を目安にしてみましょう。
必要量は、体格や活動量によっても変わってくるので自分の活動量に応じて調整できるのが望ましいです。
また、ドライフルーツではビタミンCが少なく果糖が多くなっています。
普通のフルーツよりもドライフルーツは太りやすいと言えるので必要以上に食べ過ぎないようにしましょう。

箸で食事をする女性


更新日:2020年(令和2年)2月24日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー 




カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録

⇒ 健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加